熊本、住宅に血まみれ男女の遺体 殺人事件か

  • 0
  • LINEで送る

男女が血まみれで倒れていた住宅=26日午後1時1分、熊本市北区で共同通信社ヘリから

 26日午前9時半ごろ、熊本市北区の松岡須恵子さん(60)方で、男女2人が血まみれで倒れていると、この家を訪れた親族から110番があった。2人は首や背中などを刺されて既に死亡、熊本県警は殺人事件の可能性もあるとみて捜査を始めた。遺体の女性は須恵子さんとみられ、男性は40代から50代で身元の確認を急いでいる。

 県警によると、この家は母のヨシノさん(97)と次女須恵子さんの2人暮らし。ヨシノさんの介護で訪れた長女が男女を発見、近隣住民を通じて110番した。遺体は台所で隣り合うように倒れ、近くに包丁のようなものが落ちていた。ヨシノさんの生存は確認された。